忍者ブログ
Admin / Write / Res
マビノギトリアナ鯖改めルエリ鯖の黄色い子がマビについて語ったり、読書メーターまとめを公開したり、その他のことを語ったりするブログです。。。たぶん。
プロフィール

さかなのほね
【マビノギ】
トリアナルエリ鯖 Phalaenoギルド所属
・活動ch:2or3。ギルハン中は7
・メインは魔法師(とようやく名乗れるようになってきた気がする)ソロではヒュドラ併用。PT戦闘だとスイッチで近接、銃など使います。
・サブエルフは格闘を志す、矢が当たらないへっぽこ弓エルフ。
・メインは常に上級維持の聖堂ボラマニアw 祝ポはハウジングなどで売ってますw 大量に必要な方など声をかけてもらえばご用意しますよw


【中の人】
・まったりのんびり気ままになんとなくがモットーなのんびり生物。安心できる寝床と美味しい物と面白い本とネット環境があれば幸せ。たまにふらっと旅にでたりもします。
・読書傾向はけっこう広め。純文学は苦手かも。最近はコミック多いです^^;


【ブログについて】
・ブログはSleipnirで作成してるのでIEが一番きれいに見えるはずです。(他ブラウザでのデザインの崩れなどあればご連絡くださるとうれしいです)
・リンクフリーです! 連絡いただけると喜びます!!
・コメントトラックバックなどご自由ですが、内容によっては予告なく削除致します。
さかなのほねのスキル
隣の部屋に凸のマビログさんのツールを使わせてもらっています
Twitter
フォローご自由にどうぞ~♪
アカウントはコチラ
カウンター
カテゴリー
ブログ内検索
アクセス解析
最新CM
[04/18 コリーナ]
[07/12 めぷる]
[03/31 sinzi]
[01/22 めぷる]
[01/04 sinzi]
[77]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [10]  [11]  [9]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オンライン書店ビーケーワン:悩殺ロック少年 2
『悩殺ロック少年 2』
菊地かまろ小学館

 ついにメジャーデビューした「イーストロボ」の人気は全国に拡大中!! そんな中、ボーカルのネジとつき合う未来は、日本を代表するトップアーティスト・アッシュと偶然知り合った。イーストロボは見所があるとアッシュに言われ有頂天になった未来だが、ネジはそんな未来を心配しており、実はそれにはある事情があって……。他連作2本


 ありゃ、この作品ってこんなに面白くなかったっけ……。とか思っちゃいましたよ。
 1巻読んだ時点では「おもしれー!どんなことあっても続き読むぜ!」と、思っていたんですが……。

 いや、エピソード、エピソードは相変わらず、面白かったりするんですが、それをつなげてストーリーにしたとたん、破綻をきたしちゃったよ……(汗) みたいな……。
 この作者さんじたいがもともと長編畑の人でないのかなあ……。でも‘アッシュ’という新キャラの投入は明らかに長編化を意識したモノに思えたのですが……。あ、でも(ネタバレ:アッシュがネジの兄貴だった)という設定は正直いらなかったかなあ……。ギャグとしては面白かったですが、その後のつなぎ方とか鑑みると、別に必要はなかったなあ……と。
 そのあとはぐだぐだで、結局、幽霊話で仕切り直してますし。かと思いきや、幽霊話もレベルの高いモノではなくてイマイチだったし。
 むしろ、‘アッシュ’という新キャラ方向に行かずに、バンドメンバーの話を取り上げた方が良かったんじゃないかなあ……とか思ってしまう。

 あと、未来さんの行動は気持ちは分かるけど、ちょっと極端すぎてウザい……。(最初はその極端さがギャグになってたけど、何度もやられるとねえ……)

 設定もキャラ立ちも良かっただけにストーリーの破綻はちょっと惜しい作品だな~と思ってしまう。

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
魚の骨の最近読んだ本

Copyright ©  さかなさんと呼ばれる生活。 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]